お付き合い実践編

コロナショックを逆手に婚活で距離をぐっと縮めるテクニック

皆さん、お元気ですか~~~~?

縁活サロンネットワーク、元会員のha♡ちゃんです。

このサロン主宰の周藤縁(しゅうとうゆかり)さんに代わり、

ブログを担当して今回で4回目になります。

実は私もこのサロンを通じて結婚できた一人で、

お見合いで婚活をがんばっている会員さんたちや、

婚活って実際どうなんだろうと思っている皆さんの

モヤモヤを解消するべく、ガンガン書いていきますからね💛

引き続きよろしくお願いいたします(^^♪

さて新型コロナ…全世界で感染者が報告されていますよね。

テレビ番組の真っ赤になった世界地図を見て

ビックリしたha♡ちゃんですが、ワタクシ今、

「家族の健康はワタシが守る🔥」と使命感に燃えています(>_<)

愛する夫・Da☆ちゃんとたった2人の家族なんですが

足りないマスクを補うために光触媒の除菌スプレーを

GETしてみたり、夜ごはんを発酵食品中心にしてみたり……。

漠然とした不安を抱えたまま滅入るんじゃなくて、

対策を考える。できることからやってみる。

「自分の家族」を持ってから独りのときとはまた違う

「強さ」が生まれたと感じています。

そんなリアルなお見合い結婚でゴールインし、

家族を得た私がお届けする、婚活体験プラスアルファ~

今週もどんどんいってみまSHOW(^.^)/

お花見デートで距離をグッと縮める方法

さ~~ホワイトデー、いかがでしたか?

うまくお相手の男性を、自分のレールに載せることは

できたでしょうか? そんなぁ、戦略みたいなこと、

できないよ~~(@_@)という方ももちろんいると思いますし、

ワタクシha♡ちゃんも、じつは恋愛攻略本とかに

書かれている方法を実践するタイプじゃございません(笑)

やってたらとっくに?結婚適齢期にゴールインできてただろうしね(爆)

そんな次なるイベントごとが「お花見デート」なんです。

コロナショックで桜の木の下での宴会は自粛ですが、

それこそ“二人だけで散策できる”絶好のチャーンス!

え?開花とデートのスケジュールが合わないって?

そんなときは仕事帰りの“夜桜”デートでござんすよ(#^.^#)

ワタクシ、ha♡ちゃんもDa☆ちゃんを誘って行きましたよ☆彡

夜の千鳥ヶ淵☆☆☆ アフター7どころかアフター8or9でも

いいんです。散策だもん。「二人で桜を観る」ことが大事なんです。

いやぁ~~~ ha♡ちゃん、今でもあの桜を忘れていません💛

まだ夜は肌寒いけど、だからこそグッと距離を縮められるから。

ぜひ、計画してみてくださいね(^_-)-☆

コロナショックを逆手に取る愛の育み方

話がちょっとseriousになりますが、

かつて9.11や3.11などの未曾有の大惨事の後に何が起こったか!? 

そう、結婚するカップルが急増したのです。

前回、UPしたブログhttps://vestea.jp/20200312-2/ で

コロナショックの今、婚活市場が大盛況と書きましたが、

これ、本当なんです。私の後輩Yちゃんもこの縁活サロンネットワークに

入会しましたし、ゆかりさんによると40代・50代の会員登録が

急増しているとのことでした。よかった、よかった(TOT)

今って本当に絶好の機会だと思うんです。

今まで「私は一生独りでいいかも」と言っていた(ha♡ちゃんみたいな)

人でも、やっぱり先の見えない今はとても不安だと思います。

だからいいんです。意地を張り続けていた人も、

「コロナだから、婚活はじめちゃった♡」と言い訳にしましょう(笑)

そしてお見合いで交際中のお相手にも

「コロナだから、会いたくなちゃった(#^.^#)」とか、

ガンガン“逆手に取って” 愛を育んでいっちゃってください!!!!!!!!!

結婚=自分の家族を持つという考え方

冒頭にも書きましたが、結婚してからというもの、

夫と妻、という自覚とともに「私たちは家族だから」という

絆ともいうべき結束力が芽生えてきました。

結婚する前は、家族=実家の家族だけでいい、と思っていたha♡ちゃんでしたが

ごく自然にそう思えるようになったのは自分でもとても不思議です。

夫Da☆ちゃんは、東京生まれ・東京育ちの末っ子次男坊ですが、

きっと独立した家庭をずっと持ちたかったんだと思います。

お互いに両親も健在で、たまの行き来も欠かしませんが、

子どものいない私たちの目下のテーマは「親孝行だよね」と

いつもお茶を飲みながら話しています(*^_^*)

私が結婚できたワケ(2)

ウハッ(#^.^#) ちょっとマジバナしちゃいました~~。

なんかダンナさんいい人そうだよね、と友人や仕事仲間から

言われるんですが、ハイ、本当にいい人なんです(^^♪

婚活を再開する前、ゆかりさんにホロスコープを観てもらったときに

ha♡ちゃん、ナニを一番に念じていたかというと、

「妹のダンナより“いい人”と巡り合えますように」でした(笑)

妹のダンナさんも本当に心根のやさしい“いい人”なんですが、

うちのDa☆ちゃんは、それに輪をかけて“いい人”なんです(笑WWW)

そう、お見合いで いい人に出会えますように~~~と信じて、

2回目の婚活から心を入れ替えて「向き合った」結果がこれなんです。

うきゃ、またしてもここで字数が~~~(@_@)

次回の更新でお見合いについてのソボクな疑問へのお答えと、

私が結婚できたワケ(3)をお届けしますね。

To be continued~~~~(#^.^#)/

縁活サロンとLINEでお友達になりませんか?

耳よりの情報も発信していますよ

友だち追加


ピックアップ記事

  1. たかが身だしなみ、されど身だしなみ

関連記事

  1. お付き合い実践編

    真面目な男性でも魔が差す時があるって知ってましたか?

    【真面目な男性でも魔が差す時があるって知ってましたか?】…

  2. お付き合い実践編

    婚活は異性にモテる人が成功するってまだ思ってるの?

    こんにちは縁活サロンネットワークの周藤です。婚活がブームのよう…

  3. お付き合い実践編

    【ちょっとこのままお電話でお話してもいいですか?】

    【ちょっとこのままお電話でお話してもいいですか?】夜、軽くジョギングし…

  4. お付き合い実践編

    屈折した気持ちで取り組まないでね。

    先日ご入会された50代の女性会員様とてもポジティブな女性です。…

最近の記事

友だち追加
  1. お見合いデート

    2018年も始まりましたーーー!
  2. お見合いデート

    時間には余裕を持って臨みましょう。
  3. お見合いデート

    お見合いがたくさん組めてしょうがない。嬉しい悲鳴です。
  4. お付き合い実践編

    恋愛リアリティー番組から学べる婚活女子が心得ておきたい仮想と現実の世界
  5. お見合いデート

    入会を決めた40代の女性の場合
PAGE TOP